花言葉事典TOP「あ」の花の花言葉, 春の花の花言葉, 夏の花の花言葉 > アイリス,アヤメ(菖蒲、文目)




アイリス,アヤメ(菖蒲、文目)

花言葉は
「良き便り」「うれしい便り」「吉報」「愛」「あなたを大切にします」「私は燃えている」「消息」
(ジャーマンアイリス)「伝言」「優雅」
(別名:ニオイアヤメ・白)「情熱」「恋人」


初夏の風物詩「アイリスの花言葉」「アヤメの花言葉」をご紹介します。

アヤメ
アヤメ

ダッチアイリス
ダッチアイリス

ジャーマンアイリス
ジャーマンアイリス


《アイリス・アヤメの花言葉の由来》

「良き便り」「吉報」など・・・アイリスという名前は、ギリシャ・ローマ神話の虹の女神の名前「イリス」にちなむ。
イリスの司る虹は、神々のいる天上世界と地上との架け橋とされ、伝令・橋渡しの役割を担うことから「伝令」「メッセンジャー」の意味が花言葉に込められた。


《アイリスの伝説》

ギリシア神話によるアイリスの伝説。
太陽の神ゼウスの妻ヘラは、イリスという美しい侍女をとてもかわいがっていた。
ゼウスもイリスの貞淑さを放っておかず、ヘラに隠れて何度も求愛した。

イリスはたまりかねて、ヘラに「どこか遠くへ行かせていただきたいのです」と申し出た。

夫の浮気にあきれていたヘラは願いを聞き入れ、イリスに七色に輝く首飾りを与え、大空を渡る虹の女神に変えた。
そのとき、イリスの頭に振りかけられた3滴の神の酒のしずくが地上に落ち、花開いたのがアイリスだという。

イリスは、神々の使者として、虹を架け橋として天上と地上を行き来した。


《アイリス・アヤメの誕生花日付》

3月5日(珊瑚の日・ミスコンの日・スチュワーデスの日)・18日(精霊の日・明治村開村記念日)、
4月17日(ハローワークの日、職安記念日・恐竜の日・飯田・下伊那の日,五平もち記念日・少年保護デー)
5月10日(愛鳥の日・日本気象協会創立記念日・コットンの日・たまり漬けの日)
5月18日(国際親善デー・国際博物館デー・ことばの日・18リットル缶の日)の誕生花


《アイリスが国花の国》

フランスの国花


《アイリス・アヤメの違い》

どちらもアヤメ科の植物だが、「アイリス」はヨーロッパ南部が原産の洋物、「アヤメ」は日本をはじめとするアジア北東部が原産の和物の総称である。

「アイリス」には、根茎でふえる「ジャーマンアイリス」、球根植物の「ダッチ・アイリス(宿根アイリス)」などがある。

「アヤメ」は、花弁に網目状の模様が見られることが特徴。
昆虫を引き寄せる役割をもつ。

過湿を嫌い、高原や野原に自生する。


《アヤメについて管理人が音声で解説!》


ポッドキャストサイト「フラワー・ステーション
「5月18日の花と花言葉」の項をご覧下さい!

'79年放映のアニメ「花の子ルンルン」第28話「奪われた手紙」で「良き便り」が登場。


《アイリス・アヤメの基本情報》

(アヤメ)
アヤメ科 多年草
原産地 日本、北東アジア
草丈 30~50センチ
花期 5月~7月
花色 紫、白

〈アイリス〉
アヤメ科 多年草
原産地 ヨーロッパ南部(地中海沿岸)
草丈 50~70センチ
花期 3月~7月
花色 紫、白、ピンクなど

更新情報は各SNSでもご覧いただけます



 




「あ」の花の花言葉:カテゴリ内一覧

春の花の花言葉:カテゴリ内一覧

夏の花の花言葉:カテゴリ内一覧

ページ上部へ戻る