ダチュラ

花言葉は
「愛嬌」「偽りの魅力」「変装」「夢の中」「あなたを酔わせる」



スポンサードリンク



ダチュラ


8月16日(女子大生の日)
9月4日(くしの日・関西国際空港開港記念日・クラシック音楽の日)の誕生花

別名「木立(きだち)朝鮮朝顔」「エンジェルストランペット」。

花は美しいが、取り扱いには注意が必要。

全草(根・茎・葉・花などすべての部位)に、幻覚性のアルカロイドを含む有毒植物。
麻酔薬や喘息薬として知られる。

江戸時代の外科医、華岡青洲は、ダチュラ(上向きに花を咲かせる、草本性の「朝鮮朝顔」)を主成分とする内服全身麻酔薬「通仙散」を完成させ、1804年に日本最初の全身麻酔による乳癌摘出手術に成功した。

《華岡青洲の生涯はこの作品で!》
有吉佐和子の渾身の一作「華岡清秋の妻」!
新潮文庫から刊行されています。(画像はありませんが詳細をごらんいただけます)

田中好子・和久井映見の嫁姑、確執が見応えあり。NHKドラマ版DVD。


北アメリカ先住民・ズーニー族には、この花にまつわるこんな伝説がある。

昔、男の子と女の子が遊びに出かけた時に、神々が会議している所を見つけた。
二人は好奇心から、その回りをうろついて様子を観察。
家に帰って、母親に会議のことを細かく報告した。
神々は怒り、二人をダチュラに変えてしまった。
それ以来、人々はダチュラを食べると、自分達が見たことについてしゃべり続けてしまうようになったという。

《この花の基本情報》
ナス科 木本性多年草
原産地 南アメリカ
高さ 2~4メートル
花期 6~9月
花色 白、黄色、オレンジ、ピンク、紅、紫

《この花について管理人が音声トークで解説!》
「フラワー・ステーション」
「8月16日の花」をご覧下さい。

更新情報は各SNSでもご覧いただけます



 




「た」の花の花言葉:カテゴリ内一覧

夏の花の花言葉:カテゴリ内一覧

ページ上部へ戻る