e87.com(千趣会イイハナ)
the language of flowers

花のある音楽

花のある音楽

タイトルに花の名前の付いている音楽をいろいろご紹介!

花と音楽の美しい関係に注目して、古今東西の名曲・名盤を幅広くご紹介しております。スタンダードからニューリリースまで、新たな視点で花と音楽の関わりを取り上ています。

花のある音楽



当サイト管理人・中村クーミンの朗読CDが発売開始!

「株式会社朗読社」様よりリリースの朗読CDに出演させていただきました!
作品は、新時代の女流時代小説家の旗手として注目されている、諸田玲子(もろた・れいこ)氏の「恋縫(こいぬい)」。
一途な愛を貫く町娘の純情を演じさせていただいています。
さらにもう1作品、ぐっとアダルトな雰囲気の「路地の奥」も併録。充実ラインナップの1枚です。
あなたのイマジネーションを限りなく刺激する、極上のひとときをお約束します。
当サイト管理人の意外な一面を、ぜひ、今すぐお耳に!!
朗読CD『二人で語る』シリーズです。朗読CD恋縫・路地の奥諸田玲子作中村久美上恭ノ介朗読

スポンサードリンク


ポッドキャストをやっています!

このサイトの管理運営人がお送りする、 ポッドキャストブログ「フラワー・ステーション」がオープンしました!

季節を彩る花と緑について、そして管理人の日常のあれやこれやをおしゃべりします。

ぜひぜひ、お耳を拝借!
フラワー・ステーション

「花言葉事典」へようこそ!

四季折々、私たちを癒やし、そして時にはパワーやエネルギーを惜しみなく与えてくれる美しい花々。

それらの花に込められている「花言葉」を、わかりやすくご紹介するサイトです。

バラ・ユリなどおなじみの花から、耳慣れない名前の花まで、できるだけ多くの種類をご紹介させていただこうと編集しています。

また、花や植物は、映画・音楽・文学などの重要なモチーフにもなっています。その点に着目し、花の名前が冠された楽曲や、映画・文学などの情報やエピソードも合わせてご紹介しています。

使い方は、とても簡単。

花の名前を50音順に掲載していますので、お調べになりたい花の名前の頭文字のカテゴリーよりお入り下さい。「検索」ボックスに直接名前を入力してくださってもOKです。

また、それぞれの花の「誕生花」としての情報も合わせて掲載しております。「検索」ボックスに、全角で「○月○日」と日付を入力していただくと、その日の誕生花に対応する花が表示されます。

生活のさまざまなシーンでお役立ていただける「花ことば」。あなたの毎日を、さらに彩り豊かにするために、お力になれれば幸いです。

花言葉(花詞・はなことば・ハナコトバ)とは?

「植物の花や実などに与えられた、象徴的な意味をもつ言葉」です。
現在使われている花言葉は、ギリシャ・ローマ神話や、古くから語り継がれている伝説、聖書などのエピソードから生みだされたものが多いようです。
国や地域・民族・宗教によって花言葉には大きな違いがあります。
それは、花や植物と、人間の生活文化の発展とが深く結びついていたことを物語ると言えるでしょう。
世界各国に異なった花言葉が存在しており、「正解」はおそらくありません。
日本には、明治初期に、西洋文明とともに主にイギリスの花ことばが持ち込まれました。
このサイトは、一般に広まっているであろう花ことばを出来るだけたくさん集めてみようと思いたち、まとめているものです。
従って、一つの花に対して複数の花ことばを紹介しているのはもちろん、意味も矛盾している種がありますが、それも文化の多様性ゆえとお考えいただければと思います。
「花ことば」は異なっても、「花を愛でる心」は万国共通。
このサイトから、お気に入りの花を見つけていただいて、あなたの生活に彩りを添えるお手伝いができれば、これほど嬉しいことはありません。

スポンサードリンク


日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日の贈り物

「花の子ルンルン」について。

’79年2月から’80年2月にかけて、50回にわたって放映された少女向けアニメーションです。
花の精の血を引く女の子「ルンルン」が、ある花を探して世界を旅するというファンタジーで、毎回「今週の花ことば」が一つずつ紹介されました。
当時小学生だった管理人は、毎週夢中になって観たものです。
花の名前花ことばを記録し、知らないことは一生懸命に調べました。
今にして思えば「調べること」や「知ること」の楽しみ、つまり「学習能力」をはぐくんでくれた、まぎれもなく良質な作品でした。
放映から四半世紀がたちましたが、2005年はじめにはDVDが発売され、かつてのファンとしては嬉しい限りです。
機会あれば、是非ご覧になってみてください。
このサイトでは「花の子ルンルン」で登場した花ことばのデータも、もれなくご紹介していきます。
ごゆっくりお楽しみ下さい。
★花の子ルンルンについては→「花の子ルンルン大辞典」が詳しいです。

メールマガジン・バックナンバー