花言葉事典TOP「せ」の花の花言葉, 夏の花の花言葉, 秋の花の花言葉 > センニチコウ,せんにちこう(千日紅)、ストロベリーフィールド

センニチコウ,せんにちこう(千日紅)、ストロベリーフィールド

花言葉は
「変わらぬ愛」「不朽」「変わらない愛情を永遠に」
(ストロベリーフィールド)「永遠の恋」



スポンサードリンク



センニチコウ

キバナセンニチコウ

下段・キバナセンニチコウ


《センニチコウ 名前の由来》

水分含有量が少ないため花保ちがよく、「千日、色あせない(千日、紅が続く)」の意味。
「センニチソウ(千日草)」とも呼ばれる。


《センニチコウ 花言葉の由来》

「変わらぬ愛」「不朽」「変わらない愛情を永遠に」・・・花の寿命が長く、長期間色あせないことから、不変の愛を表す言葉が花言葉としてつけられている。


《センニチコウ 誕生花日付》

8月20日(交通信号の日,三色信号設置の日・NHK創立記念日・蚊の日・ハンガリー建国記念日)
8月26日(レインボーブリッジの日・人権宣言記念日・シルマンデー,ユースホステルの日)の誕生花


《センニチコウはドライフラワー向き》

水分の含有量が少なく、ドライフラワーに好適。
花持ちがよく、かつては仏花として重宝されていたが、鉢物も出回っている。

《センニチコウの別種は?》


「ストロベリーフィールド」は、キバナセンニチコウの園芸品種の一種の意味で使われることと、センニチコウ全体の別名の意味で使われることの両方あるようだ。
まぁ、いずれにせよ「イチゴ」に似ていることから来ている。

仲間は100種ほど分布しているが、園芸品種として栽培されるのは「センニチコウ」と「キバナ(黄花)センニチコウ」の2種。

《アニメに登場! センニチコウの花言葉》

'79年放映のアニメ「花の子ルンルン」第50話「花いっぱいの幸せを」で「変わらない愛情を永遠に」が登場。

センニチソウ(千日草)とも呼ばれ、「花の子ルンルン」ではこちらで採り上げられた。


《センニチコウの基本情報》

ヒユ科 一年草
原産地 熱帯アメリカ
草丈 50~70センチ
花期 7~10月
花色 紅紫、白、ピンク、朱・オレンジ(キバナセンニチコウ)


《センニチコウがモチーフとして登場したドラマ》

「パパとムスメの7日間」(2007年) 主演・舘ひろし
  8月5日オンエアの第5話で、キバナセンニチコウの一種、ストロベリーフィールドの花言葉が登場。
父親と娘の体が入れ替わってしまう、というホームコメディ。
パパは花言葉を「門出」と勘違いしてママへのプロポーズに使った、という思い出話として語られる。
そのほかの回でも重要モチーフとして登場、確かめてみましょう!
「パパとムスメの7日間」DVD-BOX(画像をクリックして頂くと詳細がご覧いただけます)

更新情報は各SNSでもご覧いただけます



 




「せ」の花の花言葉:カテゴリ内一覧

夏の花の花言葉:カテゴリ内一覧

秋の花の花言葉:カテゴリ内一覧

ページ上部へ戻る