サフラン,さふらん

花言葉は
「陽気」「喜び」「歓喜」「節度ある態度」


サフラン


1月14日(愛と希望と勇気の日,タロとジロの日・十四日年越し・どんど焼き,どんどん焼き)
11月4日(ユネスコ憲章記念日・文化功労者顕彰式)
12月7日(神戸開港記念日・クリスマスツリーの日・国際民間航空デー・コートジボアール独立記念日)の誕生花

春咲きのクロッカスの仲間だが、全体に一回り大きい。

めしべ(柱頭)と赤いおしべは、高価な香辛料・染料として珍重される。
めしべに風味と香り、おしべに色素が含まれる。
独特の香りと、水に溶かすと生じる鮮やかな黄色が特徴的。

インド料理の「サフランライス」、スペイン料理の「パエリア」、南フランス料理の「ブイヤベース」などに欠かせない。

日本でも生産されており、大分県竹田市の特産品となっている。

《この花の基本情報》
アヤメ科 球根植物
原産地 ギリシャ
草丈 20センチ前後
花期 10月下旬~11月
花色 薄紫



 




「さ」の花の花言葉:カテゴリ内一覧

秋の花の花言葉:カテゴリ内一覧

ページ上部へ戻る