花言葉事典TOP「さ」の花の花言葉, 春の花の花言葉 > 「桜・ソメイヨシノの開花予想」を知ってお花見を!

「桜・ソメイヨシノの開花予想」を知ってお花見を!

ニッポンの春の花、と言えば・・・

とにかく「桜」ですよね。

中でも、ソメイヨシノが各地で植えられ、一斉に花を咲かせます。



スポンサードリンク



《「桜の開花予想」は、「ソメイヨシノの開花予想」のこと》

毎年、2月に入った辺りから、「桜の開花予想」が発表されるようになりますね。

天気予報やニュースの中で、

「この春のサクラの開花予想は・・・」なんて、話題になります。

この「桜の開花予想」、

正確には「ソメイヨシノの開花予想」と言えます。

《何故「ソメイヨシノの開花予想」なのか?》

サクラと一口に言っても、いろいろな種類があるのをご存じでしょう。

比較的早めに開花する「河津桜」、

山間部に生える「山桜」、

枝が細く枝垂れる「しだれ桜」、

そして後から開花する「八重桜」などなど。

その中で、現在、最も一般的に見られ、桜の代名詞・代表格とされているのが「ソメイヨシノ(染井吉野)という種類です。

ソメイヨシノは、江戸時代に生まれた「交雑種」とされており、自然界には存在しません。

従って、今あるソメイヨシノは全て、人間の手によって植えられた物です。

葉に先駆けて、花を一斉に咲かせる様子の美しさから好まれて、大量に植えられていきました。

数がとにかく多いこと・・・これがソメイヨシノが開花予想に使われる理由と言えます。


サクラ(桜・ソメイヨシノ)


《サクラの開花は気温に左右される》


サクラのつぼみは、夏に作られます。

そして、半年以上の準備期間を経て、開花します。

開花の要因はじつは、「寒さ」。

寒さを経験しないと、「開花のスイッチ」がきちんと作動しないのです!

ぐっと冷え込むことで、サクラのつぼみは、一旦「休眠」します。

そして、一定期間寒さのなかで休眠した後、気温が上がり始めると、休眠から目覚めます。

開花のスイッチが入るワケですね。

そして一斉に開花するのです。

これは「休眠打破」と言われている現象です。

つまり、冬がキチンと寒くないと、つぼみの休眠打破がスムーズに行かないのです。

つぼみの「開花スイッチ」が「半押し」状態になってしまって、咲き方がムラになってしまったりするんですね。

とかく人間は寒い冬を嫌いますが、

春の花を美しく咲かせるためには、寒い冬が必要なのです。

なんだか、示唆に富む事実ですね・・・。

(栄光には苦難が必要!)


《サクラ(ソメイヨシノ)の花言葉は?》

ソメイヨシノはもちろん、品種別にも違う花言葉があります。

桜の花言葉

更新情報は各SNSでもご覧いただけます



 




「さ」の花の花言葉:カテゴリ内一覧

春の花の花言葉:カテゴリ内一覧

ページ上部へ戻る