花言葉事典TOP「す」の花の花言葉, 春の花の花言葉 > スズラン,すずらん(鈴蘭)




スズラン,すずらん(鈴蘭)

花言葉は
「幸福が帰る」「幸福の再来」「意識しない美しさ」「純粋」


スズラン


5月2日(郵便貯金の日,郵便貯金創業記念日・交通広告の日・エンピツ記念日・歯科医師記念日)の誕生花

本州中部より北の高地、東北・北海道に自生。
「北海道の花」としてのイメージも強い。

可憐な印象とは裏腹に、有毒成分を含む。

別名「キミカゲソウ(君影草)」。

フランスでは、5月1日が「スズランの日」とされていて、友人や家族など愛する人や親しい人にスズランを贈る習慣がある。贈られた人には幸福が訪れると言われており、花言葉もそこにちなむと考えられる。

日本やシベリアに自生する東洋種と、ヨーロッパに分布する西洋種「ドイツスズラン」があり、園芸上ではドイツスズランが一般的となっている。
1属1種とされ、東洋種は西洋種の変種と見られている。
西洋種は東洋種に比べ、花が大きめで、花茎よりも葉柄が短かく葉の上に花が咲く。

フィンランドの国花
札幌市の市の花

’79年放映のアニメ「花の子ルンルン」第5話「花のない町」に「幸福が帰る」が登場。

《この花の基本情報》
ユリ科 多年草
原産地 ヨーロッパ、日本、シベリア
草丈 20~40センチ前後
花期 4~6月
花色 白



 




「す」の花の花言葉:カテゴリ内一覧

春の花の花言葉:カテゴリ内一覧

ページ上部へ戻る