花言葉事典TOP「あ」の花の花言葉 > アニソドンテア

アニソドンテア

花言葉は
「優しい感受性」「今日限り」



スポンサードリンク



アニソドンテア

11月20日(アフリカ工業化の日・世界のこどもの日)
12月28日(ディスクジョッキーの日・身体検査の日・シネマトグラフの日・官公庁御用納め)の誕生花

南アフリカ・ケープ地方原産のアオイ科多年草。

茎が木質化するので、低木とされることもある。

花は1日でしぼむが、次々に咲き変わり、12度以上を保てば周年開花も可能。
花の大きさは、2センチほど。
花つきの鉢物が出回るのは、初夏の頃(5~6月)。

耐寒性はさほどないので、真冬は室内管理。
耐暑性に関しても、日本の夏の蒸し暑さは嫌うので、風通しのよい所に置いて乾燥気味に管理することが必要になる。

《この花の基本情報》
アオイ科 多年草(常緑低木とされることもあり)
原産地 南アフリカ
高さ 50センチ~1メートル
花期 4~11月
花色 ピンクの濃淡、赤紫色

更新情報は各SNSでもご覧いただけます



 




「あ」の花の花言葉:カテゴリ内一覧

ページ上部へ戻る