花言葉事典TOP「か」の花の花言葉 > カヤツリグサ,かやつりぐさ(蚊帳釣り草)

カヤツリグサ,かやつりぐさ(蚊帳釣り草)

花言葉は
「伝統」「歴史」



スポンサードリンク



カヤツリグサ

《カヤツリグサ 誕生花日付》

8月30日(富士山測候所記念日・マッカーサー進駐記念日・冒険家の日・ハッピーサンシャインデー)の誕生花


《カヤツリグサ 花言葉の由来は?》

「伝統」「歴史」・・・「蚊帳つり遊び」の原料として昔から親しまれていたことや、古代エジプトでの記録紙「パピルス」の原料であることからイメージされたものと思われます。


《カヤツリグサ 名前の由来は?》

三角形の茎を両端から裂くと四角形になることを、「蚊帳を釣る」ことになぞらえました。
空き地や畑などで普通にみられる雑草です。
古代エジプトで紙の原料とされた「パピルス」は、同じ科に分類されています。


《カヤツリグサの別名は?》

「マスクサ(升草)」・・・茎を裂いて出来る四角形を「升」に見立てたものです。
「トンボグサ(蜻蛉草)」・・・草の姿を、トンボに見立てたもの。たしかに、ちょっと「竹とんぼ」っぽい感じがします。


《カヤツリグサの基本情報》

カヤツリグサ科 一年草または多年草
原産地 世界の温帯地域(雑草としておなじみの種は主に東アジア)
高さ 50センチ前後
花期 7~10月
花色 緑褐色


《カヤツリグサについて管理人が音声トークで解説!》

ポッドキャストサイト「フラワー・ステーション
「8月30日の花と花言葉」の項をご覧下さい!

更新情報は各SNSでもご覧いただけます



 




「か」の花の花言葉:カテゴリ内一覧

ページ上部へ戻る