花言葉事典TOP「ひ」の花の花言葉 > ヒガンバナ,ひがんばな(彼岸花)

ヒガンバナ,ひがんばな(彼岸花)

花言葉は
「情熱」「悲しい思い出」「独立」「再会」「あきらめ」



スポンサードリンク



秋を彩る真っ赤な「ヒガンバナの花言葉」をご紹介します。

ヒガンバナ


《ヒガンバナ 名前の由来》

ちょうど秋の彼岸の頃に花が咲くことから名づけられた。
根に有毒成分を含むが、毒を抜いて粉にし、食用にもしたことから、「マンジュ(饅頭)バナ」の別名も。


《ヒガンバナ 花言葉の由来》

「悲しい思い出」・・・彼岸の花=親しい人・愛する人との別れを意識させる位置づけから。
「情熱」・・・鮮やかな赤い色の花であることから。


《ヒガンバナ 誕生花日付》

9月13日(世界の法の日・乃木大将の日)
9月20日(空の日・バスの日・お手玉の日)
9月24日(みどりの窓口記念日・清掃の日・畳の日)の誕生花。


《ヒガンバナは別名がたくさんある》

代表的な別名は 「曼珠沙華」(まんじゅしゃげ)。
これは「天上の花」という意味で、慶事が起こる前触れには赤い花が天からふってくるという仏教の経典による。
こちらは「慶事の前触れ」なのでポジティブなシンボルなのですね。

その他、方言として地域色豊かな別名が各地にあり、その数1000とも言われる。
しかし、概ねネガティブなイメージの物が多い・・・

 →「死人花(しびとばな)」「幽霊花(ゆうれいばな)」
あまりに鮮烈な赤い花であること、
葉は無くて、花茎だけがスーッと伸びること、
などが、どこか現実離れしたもの → 縁起が悪い といったイメージに結びつけられたと思われます。

 →「毒花(どくばな)」「痺れ花(しびればな)」
根に有毒成分を含むことから。


《ヒガンバナと日本人》

日本への渡来は古く、史前帰化植物であろうと推察されている。


《ヒガンバナの基本情報》

ヒガンバナ科 球根植物
中国(揚子江の中・下流域)
草丈 30~50センチ
花期 9~10月
花色 赤、白


《ヒガンバナの名所・群生地》

埼玉県日高市・巾着田(きんちゃくだ)
※管理人も行ってきました → 「巾着田・お花見レポート」


《ヒガンバナ(マンジュシャゲ)の花が冠された楽曲》

「曼珠沙華(まんじゅしゃか)」(1978年) 歌・山口百恵 作詞・阿木耀子
 ※サンスクリット語での読み方にちなむ。

「彼岸花」(1978年) 歌・森昌子 作詞・阿久悠 作曲・出門英

更新情報は各SNSでもご覧いただけます



 




「ひ」の花の花言葉:カテゴリ内一覧

ページ上部へ戻る